ポリーニのショパンとドビッシー

今日、2017年6月18日(日)は、ムジークフェラインでポリーニのピアノ独奏会。

 

ピアノ:マウリツィオ・ポリーニ

曲:

ショパン  ノクターン 作品 27-1

      ノクターン 作品 27-2

      バラード  作品 47

      バラード  作品 52

      子守歌   作品 57

      スケルツォ 作品 20

(休憩)

ドビッシー  プレリュード 第二集 の12曲

 

ショパンは、曲が進むにつれて盛り上がる構成になっており、徐々に聞いているこちらも集中できた。ピアノには、遠くから見ると”YAMAHA"のロゴが横から見えるように思えて、ベーゼンドルファーの中低音の重厚さともスタインウェイのきらびやかな高音ともことなる中庸なポリーニにぴったりの無色のYAMAHA(このピアノを正式に音楽会で聞いたことはなく、勝手なおもいこみです。)を選んだ、と思い込んでいた。

休憩中にピアノの近くに行って確認すると、しっかり”Steinway & Sons"の名前があり、いかに自分の耳があてにならないか、を思い知った。

ショパンに比べて、盛り上がりに欠けると思われる、ドビッシーの後半が心配...。

 

後半のドビッシーは、退屈どころか最初から終わりまで息つく暇もない緊張感と迫力で聴衆の心を引き付けた演奏だった。さすがにポリーニが休憩後に持ってきただけある自信のある、迫真に迫る演奏だった。

 

2015年のN響との共演で五嶋みどりのショスタコーヴィチVn協奏曲を聞いたことを思い出した。ショスタコーヴィチのVn協奏曲はこの日が初めてで、予習も何もせずに聞いたが、出だしから五嶋みどりさんの迫力に息ができないほど。会場全体が固唾を飲んで演奏を聴いていた。私は聞きながら、五嶋みどりさんが演奏中に倒れてしまうのではないか、と思うほど精神を集中した(命を懸けた、と表現する方が当日の私の素直な感想)みどりさんだった。

 

ドビッシーも、私にはほぼ初めての曲だったが、ポリーニの演奏は一曲一曲の性格を際立させた、変化に富む、とても退屈している暇などない気迫のこもった演奏だった。

アンコールは、おそらくドビッシー1曲とそのあと有名なショパンの曲を2曲(聞いたことはあるが作品名まで覚えていない)。アンコールは、いつものことで演奏者も聴衆も肩の力を抜きながら、決して演奏も聞く方も中途半端にならず集中力を持続しながら楽しめる、とても有意義な時間。3曲もアンコールを演奏してくれて会場はスタンディングオベーションの嵐。

いい演奏会だった。

昨日(2017年6月16日(金)は、昨日に引き続きムジークフェライン。

 

今回は、ヤンソンス/ウィーンフィル。最近、ウィーンフィルには逆の意味で偏見を持ってしまっていて、ブランドが高すぎて演奏内容によらず集客できるので、感動できる気持ちのこもった演奏は聞けないのでは?

前回、そうゆう経験をしたが、今回はヤンソンスに期待。

 

 

曲目:ドボルザーク 交響曲第8番

    休憩

   R.シュトラウス 死と変容

   ストラビンスキー 火の鳥

マリス・ヤンソンス 指揮  ウィーンフィル

 

 

プログラム構成からして、休憩前にドボルザークで軽く肩慣らしをしたのち、R.シュトラウスとストビンスキーで盛り上げる、との意図と理解。

 

しかし、私はドボルザークの8番を新たに発見した、といってもいい、これまで聞いた中で最高の演奏だった。出だしのチェロの音、弱音の緊張感。メロディーの歌わせ方。どれをとっても秀逸。私の中のデファクトが、セル/クリーブランドのため、どちらかと言うと、さっそうとテンポよく進む曲、のイメージがあったが、こんなにメロディーが美しく、しかも甘ったるくならない演奏になるとは、予想もしていなかった。最初からグイグイ引き込む演奏となった。

大満足。

 

休憩後のR.シュトラウスとストラビンスキー。R.シュトラウスは、ばらの騎士やアラベラ、ナクソス島のアリアドネなどのオペラは大好きだが、交響詩は楽しみ方が良くわからず、それほど聞いていないため、私の中のデファクトがないので、多分演奏は素晴らしく良かったと思うが、なじみの薄い曲はどうしても感動が沸き起こってこない。

 

火の鳥は、どうしてもスベトラーノフやフェドセーエフのロシアの指揮者の演奏がデファクトになっているので、逆に今回のヤンソンス/ウィーンフィルの弦の美しい、均整の取れた、メロディーを歌わせるような演奏は物足りなく感じる。メロディーよりもリズムを強調し、体に響くようなパーカッションでグロテスクな表現。ウィーンフィルにこれを求める、こちらが筋違い。ロベストジェンスキー/ウィーンフィル でストラビンスキーやショスタコーヴィチの演奏が聴けたら面白いのに。(無理な望みは承知の上だが)。

 

もちろんこちらの好みの問題で、会場は大拍手で、ブラボーの嵐。

 

良い演奏会だった。

 

ウィーン大学のオーケストラと合唱団による カルミナ・ブラーナ

今日、2017年6月15日はキリスト教の聖体祭でオーストリアはお休み。

夜 8時からカール・オルフのカルミナ・ブラーナを聴く。

 

以前(2010年4月)にムーティの指揮で、東京文化会館にて実演を聴いたのが最初。もともとはケーゲル/ライプチッヒ放送交響楽団の圧倒的名演が私の基準になっているので、どうしても上から目線で批判してしまいそうだが、実演は何が起こるかわからないのが楽しみ。

 

ケーゲルの演奏については、以下のブログが的を射ている?

でも、私にはこれが基準なので他の演奏が物足りなくて…

またもや超お下劣「カルミナ・ブラーナ」決定盤!! ( 音楽レビュー ) - ■めぐみさんが帰ってくるまで頑張らなくっちゃ■ - Yahoo!ブログ

曲目: カール・オルフ 作曲  カルミナ・ブラーナ

指揮:Vijay Upadhyaya

ソプラノ:Vanessa waldhart

C-テナー:Ricardo Fenzel Baudisch

バリトン:Kristjan Johanneson

合唱とオーケストラ:ウィーン大学 合唱団、交響楽団

 

オーケストラと合唱団が入場してきて、合唱団の数の多さに圧倒される。ムジークフェラインのオルガンのある2階部分全体と両サイドの客席にまではみ出して女声。1階も通常の合唱団の2倍の人数はいそう。女声のボリュームによる迫力は満点。本来この曲の持つ性格上、オーケストラは脇役となりがちだが、今回は断然合唱団主体。打楽器が活躍する曲だが、ティンパニーはまだまだ大きいな音が欲しかった。(すっかりケーゲルに毒されたためか?)

指揮者はインド人のようで、ボリウッド俳優顔負けの踊る指揮者で、なかなか見ているだけで楽しかった。

ソリストの中ではソプラノが素直な通る声で〇。主役級のバリトンも強い個性の要求されるC-テナーも十分な声量がなく、物足りない。

会場は合唱団員やオーケストラの知り合いらしき人だらけ。始まって90分近い連続演奏だったことと立見席の人数がウィーンフィル並みの混雑ぶりで中盤以降は聞いている人が少し緊張の継続が難しかったよう。暑かったせいもあり、話す人、写真を撮る人、紙で顔を仰ぐ人など落ち着かなかった。

 

でも、これだけのスケールのカルミナ・ブラーナをMusikvereinで聴く経験は今後ないと思われ、貴重な経験となった。

演奏終了後は、指揮者、ソリスト、当然合唱・オーケストラにブラボーの嵐。心温まる演奏会となった。

 

YouTubeにウィーンフォルクスオーパーの合唱、オーケストラによるおもしろフラッシュモブがあったので貼っておきます。

ÖBB( Österreichische Bundesbahnen)は、オーストリア連邦鉄道の表示。ダンスしている人の制服や券売機にこの文字が見えるので、オーストリアのどこか駅? 少なくともウィーンの国際空港ではないようです。


Flashmob Carmina Burana

 

 

同窓会へようこそ ~遅すぎた夏の帰郷....

をたまたま見る。

ネット上では結構評判になっていたようだ。

 

 

豊川悦司扮する主人公が20年ぶりに届いた同窓会名簿から、高校卒業以来帰っていない倉敷の街へ帰る物語。

高校生当時つきあっていた彼女(加藤あい)の消息も知らず、同窓会前に一度会いたいと尋ねると、そっくりの娘と会い、病弱な母親の代わりにデートする。豊川悦治と加藤あいのラブシーン、倉敷の街並み、静謐で淡々としかしドラマティックに展開してく内容。時間を忘れて一気に見てしまった。

 

 


同窓会へようこそ ~遅すぎた夏の帰郷~ 倉敷 矢掛 児島 下津井 豊川悦司 加藤あい

 

 

会社に入った直後から長い間お世話になった倉敷の街。美観地区も蔵屋敷も阿知神社も瀬戸大橋も、すべてが懐かしい。

同時に、父を亡くして4年。父親を亡くした気持ちも重ね合わせて切なく見てしまった。

 

あらためて、お世話になった人、店、場所にお礼をして帰国後再出発することを誓った次第。

 

いい映画だった。

アンドリス ネルソンス ゲバントハウス

天才指揮者現る!

もちろん、私がこれまで知らなかっただけだが、出だしの一音から、ドダメルに匹敵する天才指揮者だと感じた。

 

指揮者:アンドリス ネルソンス  Andris Nelsons

オーケストラ:ライプチッヒ ゲバントハウスオーケストラ 

        Gewandhausorchester Leipzig

曲目:シューベルト 交響曲第7番

   Franz Schubert   Sym. Nr.7 "Unwollendete"

        ブルックナー 交響曲第4番

   Anton Bruckner Sym. Nr. 4 "Romantische"

 


Brahms: Symphony No. 4 / Nelsons · Berliner Philharmoniker

 

昨日(2017年5月25日(木曜日))は、すっかりヒゲ面になっていましたが。

 

シューベルトも全曲通して満足な演奏を聞かせてくれたが、やはり圧巻だったのはブルックナー。出だしの弦のトレモロはほとんど聞こえない音だったが、逆にオーケストラの緊張感が十分に伝わってきた。ホルンソロも全曲に渡り朗々と響いた。私も最初はブルックナーにとっつきにくく、マーラーのように、明確な旋律が多く聞こえてくるわけではないブルックナーは退屈しがちだが、ネルソンスは旋律を十分に歌わせて旋律をよく聞かせてくれた。全体に渡り緊張感が途切れることがなかった。

 

しかし、驚いたことに、多分私のムジークフェラインでの経験で初めてだと思うが、曲修了すぐに数名の「ブー」が聞こえた。以前批評家の方が「ブルックナーの曲の構造を理解できていない指揮者は演奏するに値しない。即刻、***(有名なブルックナー指揮者)は演奏をやめるべきだ。」と厳しいコメントをされていたが、私には曲の構造が理解できるわけもなく、豊かな旋律をたくさん聞かせてくれたネルソンスにブラボー。会場もほとんどがブラボーの嵐だったが、一部反対する人がいる、というほどの実力の持ち主なんだろう。

 

今日も、別演奏で聞く予定

ティーレマン シュターツカペレ・ドレスデン

昨日、今日(2017年5月22日(月)、23日(火))と二日にわたってティーレマン シュターツカペレ・ドレスデンの演奏会を聴く。

22日

フォーレ:劇付随音楽「ペレアスとメリザンド」

ラベル:ピアノ協奏曲

シェーンベルク:ペレアスとメリザンド

Christian Thielemann

Sächsische Staatskapelle Dresden

Klavier: Daniil Trifonov

 

フォーレはあっという間に終わり、印象に残らず。

ラベルはピアニストのトリフォノフが抜群にうまく、感情豊かだった。すぐ横の日本人カップルが「もうマツ―エフはいらない」などと誰かが言っていた。とのことだったが、確かにうまいし情感豊か。2楽章のピアノソロは弱音を情感豊かに高い緊張感を継続して演奏し、すっかり引き込まれた。

ラベルのピアノコンチェルトもとてもいいですね。

Trifonofのラベル演奏


Ravel Concerto in G - Trifonov

 

シェーンベルクは、当方の勉強不足で良くわからなかった。

もう少し勉強します。


Schoenberg: Pelleas und Melisande / Thielemann · Berliner Philharmoniker

 

 

23日

R.シュトラウス:四つの最後の歌

R.シュトラウス:アルプス交響曲

Christian Thielemann

Sächsische Staatskapelle Dresden

Sopran: Renee Fleming

 

2日目はR.シュトラウス。

特に四つの最後の歌は、シュワルツコップ/セルの名盤が好きで、容姿も端麗なフレミングが歌うとあって最高に期待していったが、正直あまり心を動かされなかった。フレミングの声が十分に通っていないように感じたが、会場はブラボーの嵐で、アンコールで4,5回も呼び出されていたので、受け取り側(私)の問題なのか?

アルプス交響曲でも前半は、前日と同じでティーレマンもシュターツカペレ・ドレスデンも極めてうまいのはわかるが、気持ちが入っていかなかった。中盤以降「頂上にて」のオーボエソロあたりからティーレマンの指揮にも力が入り、私の気持ちもどんどん吸い込まれていった。もう、ソリストのうまさと曲の壮大さとがあいまって、最高の終盤となった。

ただ、今日もすぐ近くの女性が倒れ、一時どうなるかと思ったが、すぐに気が付き立ち上がったので事なきを得た。切符は売り切れで、立見席も満員状態だったので、少しきつかったのだろう。

ティーレマン/シュターツカペレ・ドレスデンの四つの最後の歌とアルプス交響曲があった。


Richard Strauss: Four Last Songs, Alpine Symphony - Anja Harteros, Christian Thielemann (HD 720p)

グラーツフィルのマーラー1番

昨日(2017年5月20日、日曜日)は、ムジークフェラインでグラーツフィルを聴いた。

指揮:ディルク カフタン : Dirk Kaftan

オーケストラ:グラーツフィルハーモニー : Grazer Philharmonisches Orchester

ソプラノ: ソフィア ブロンマー : Sophia Brommer

曲目: フランツ シュレッカー :Franz Schreker 

       皇女の誕生日 バレエ組曲 : Ballettsuite zu "Der Geburstag der Infantin"

 


Franz Schreker : L'Anniversaire de l'Infante, suite de ballet (1928) 1/2

    アンリ デュパルク :Henri Duparc

歌曲

  • 「旅へのいざない」(L'invitation au voyage, 1870、シャルル・ボードレール詩)
  • 「戦っている国へ」(Au pays où se fait la guerre, 1870、テオフィル・ゴーティエ詩)
  • 「前世」(La Vie antérieure, 1884、ボードレール詩)
  • 「ロズモンドの館」(Le manoir de Rosemonde, 1879、R. de Bonnières詩)
  • (以上、訳・年代と詩の作者は wikiからのコピー)
  • Chanson Reiste,  J. Lahor詩)

  マーラー :Gustav Mahler   交響曲第一番  Sinfonier Nr.1

前半の2曲は、オーケストラ(?)もこちらももう一つ気分が乗っておらず、今ひとつ面白くなかった。指揮者も良く、オーケストラも上手だったがなぜかいまいち。

前回も書いたが、フランスの曲はどうもつかみどころがわからず、集中できない。

 ここには、バーンスタイン/ウィーンフィル を貼っておきます。


Mahler: Symphony No. 1 "The Titan" / Bernstein · Vienna Philharmonic Orchestra

後半のマーラーも1楽章前半まで、「今日はやっぱり乗らないな!」とあきらめ気味だったが、1楽章中盤以降、指揮者もやたら力が入り、聞いている方もどんどんのめりこんでいった。この指揮者の特徴は、区切り区切りの休符をおそらくこれまで聞いた指揮者の中でもきちんとわかる程度に長く取るような指揮であった。一瞬の無音があるのは結構好きだ。曲の区切りでの休符なので、曲の流れが中断された印象はなく、次への入りが明確になってよい。

大昔、学生時代1980年ごろにバーンスタインがニューヨークフィルと京都会館で演奏したマーラーの第一を思い出した。踊るバーンスタインが、例によて重要な場面で飛び跳ねたり、終楽章のヤマ場で金管が立ち上がったりとパワー全開のステージだったが、今回のカフタンも1,2楽章の終わりはタクトを振り下ろすのではなく、振り上げてフィニッシュを決めるスタイルのため、前にいたカップルは毎回面白がっていた。

フィナーレで、トランペット・トロンボーンは立ち上がらなかったが、ホルンは全員立ち上がって演奏していた。開口部が後ろにあるホルンはオーケストラ全員がフォルテで演奏しているときにメロディーを吹いても負けるので、立ち上がって演奏する支持があるのかな?

 

いずれにしても、演奏後はブラボーの嵐だった。

決して有名な指揮者、オーケストラではなかったが、大満足。