読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピアノ四重奏曲

今日(2017年4月26日)は、ウィーンムジークフェラインのブラームスザール(室内楽用のほどよい広さの美しいホール)

f:id:komshin:20170427060044j:plain

 

でピアノ四重奏曲を聴く。

 

曲目

マーラー ピアノ、バイオリン、ビオラ、チェロのための四重奏曲 a-Moll

モーツァルト  同上  g-Moll KV 478

ブラームス   同上  g-Moll op.25

(アンコール)

シューマン   同上  作品 47から2楽章

 

チェロ:Harriet Krijgh

バイオリン:Baiba Skride

ビオラ:Lise Berthaud

ピアノ:Lauma Skride

いずれも20‐30代の若手女性演奏家

どの曲も初めてのものばかり。あまり期待していかなかったが、マーラーは若いころの習作なので、しょうがないがモーツアルトもブラームスも熱演で引き込まれた。

 

特にアンコールのシューマン。チェロのメロディーが最高に素晴らしく思わず目頭が熱くなる。

 

これまで、交響曲やオペラばかりで室内楽は、生意気にも「退屈」と思っていたが、少しは理解できる年になったか。

思わず中古レコード点でシューマンのピアノ四重奏曲レコードを購入。

 

これから室内楽の広大な海を楽しむことができる。

 

楽しみ。